園からのおしらせ

神さま下さい 元気な力を ~運動会~ (18.10.08)

10月8日(月・休)は、五月山公園をお借りして運動会を行いました。

秋晴れのいい天気に負けないくらいの笑顔で、元気に子ども達が集まってきました。

子ども達と保護者の方と共に心と身体をたくさん動かしながら神さまに感謝することが出来た一日になりました。

 

普段の生活の中で楽しんでいる事を運動会でも楽しむのが、教会幼稚園の運動会です。

 

そら組さんは、『みやこのいちにち(福音館書店)』という絵本が大好き!

運動会では、主人公のキツネ達のようにチョッキを着てすいか運びを楽しみました。

年少さんは、一人でゆっくり運びます。

年中さん・年長さんは、仲間と協力しながらたくさんのすいかを運びます。

笑顔で楽しむ姿が印象的でした♪

  

 

にじ組の子ども達は宇宙に興味津々!宇宙人に変身して五月山惑星の探検に出発です!

星空の中を仲間と協力しながら大玉宇宙船を転がし、楽しみました。

大きい人が小さい人を思いながらゆっくり転がしたり、ちょっぴり強く転がしてリードする姿がありました。そんな大きい人の温かさの中で笑顔で転がす小さい人たちの心地よさそうな姿が印象的でした♪


たいよう組の子どもたちは、『だるまちゃんととらのこちゃん(福音館書店)』になりきって、二人でドライブに出発です。運転手は小さい人、後部座席には大きい人が乗っています。しかし、カーブでは、そっと車の向きをコントロールしている後部座席の大きい人がいました。そんな、姿から大きい人の優しさが伝わってきました。

リーダーと一緒に色んな器具にも挑戦しました。

年少さんのサーキットを見ながら、

「うちの子もあんなにコロコロしてて可愛かったのかしら?」と微笑みながら話す年長さんの保護者の方がいました。

昨年よりも力強く身体を動かしながら楽しむ年中さん。

「ぼく達を見ててよ」と大きくなった喜びが溢れだす年長さん。

それぞれの学年の子ども達の姿からは、

「こんなことも出来るんだよ」という自信が伝わってきました。


保護者競技は、今年は、3人で手を繋いでスキップじゃんけんをしました。

普段クールなお父さんの弾ける笑顔を見ることが出来たり、

大人の本気スキップを見ることが木出て、子ども達の応援にも一段と力強さを感じました。

小学生競技には、たくさんの小学生が遊びに来てくれました。

この春卒園した1年生を見つけた年中さんが、走ってぎゅっと抱きつく姿がありました。

「〇〇君だ!頑張れー!」と個人名を出して応援している、ホームクラスの方を見ながら「見ててよ」と言わんばかりの卒園児の姿があり、異年齢保育の良さを改めて感じる時となりました。

 

運動会後、初めての登園日の出来事です。

それまで、幼稚園に気持ちが向かず、

渋々登園している姿が目立っていた年少さんがいました。

その日の朝は、自分からお母さんに「幼稚園行こう!」と言ったようです。

幼稚園に登園したその年少さんの笑顔が印象的でした。

神さまに頂いた力を使って、運動会を経験した子ども達は、目に見えない心の成長をたくさんしたことでしょう。

その成長をこれからも側で見守っていきたいと思っています。