園からのおしらせ

皆さんへ (18.06.20)

2018年6月18日(月)午前758分頃大阪府北部を震源とする地震が発生しました。

 子ども達の家庭は大丈夫かしらと案じました。

 教会幼稚園は親子の日の代休でしたので、子ども達は家族のもとで地震を経験しました。大きな地震でしたから、驚いたことでしょう。まだ、不安な気持ちのお子さんもいる事と思います。大丈夫だよと励まして、寄り添いたいと思います。

 まだ、余震が心配されますが、時の経過と共に落ち着いて過ごせることを祈るばかりです。

 教会幼稚園は、大きな被害はありませんでした。19日(火)の登園時間に出会えた方々は皆さん無事に過ごされたとのこと、ほっとする朝になりましたが、今も多くの方々が不安や困難や悲しみの中におられます。覚えて祈りたいと思います。

 本日からいつも通りの園生活を過ごせることを感謝して保育にあたっていますが、

 「今ここで」を考えながらの緊張した保育の時間です。災害時には園外に避難することもあります。教会幼稚園の場合は広域避難場所は五月丘小学校と茶臼山公園です。主に小学校への避難をと考えますが覚えていてください。この時は一人ひとり保護者への引き渡しをいたします。2学期にはこの訓練も保護者の皆さんと子ども達と一緒に致しますのでご協力ください。積み重ねていくことで守られる命があります。

 ご家庭でも、お子さんとご家族とお話しする機会としてください。

 

 昨年のおまつり(バザー)の純益の中から集中豪雨の為に甚大な被害に会われた福岡県の大福幼稚園に献金をおささげしました。

その大福幼稚園の園長先生から、早々にお見舞いのお電話を頂戴しました。遠く離れたところで覚えて支えて下さることは本当に嬉しい事です。繋がりを大切に歩みたいと思います。